賃貸マエストロ 賃貸マイスターのちょっとしたアドバイス

賃貸マンションの面積や費用

賃貸マンション物件を借りるときは、間取り図だけで判断するのではなく、各部屋の畳数や面積も確認する方が良いでしょう。

例えば、同じ1LDKでも2倍ぐらい広さが異なる場合もあります。できるだけたくさんのマンション物件を実際の目で確かめて比較することが重要です。

賃貸マンションを契約するときに必要な費用は不動産会社や物件にもよりますが、家賃5~6か月分ぐらいが目安と言われています。その中に、敷金、礼金、保証金、仲介手数料、日割り家賃、火災保険料などが含まれています。

敷金は修繕や家賃滞納などがあった場合の一時預り金なので退去時に返却されることがあります。

賃貸物件を借りる際の価格交渉について

賃貸物件の相場は、地価公示価格や路線価を元に計算されることが多いですが、その他様々な要因によっても上下することが一般的です。特に物の売買と同様に需要と供給のバランスによって価格交渉をする余地はかなり残されています。

そこで、賃貸物件の価格交渉術としては、更新期間を長めに設定して将来的な家賃上昇のリスクを軽減させる方法。同じく長期間契約することを条件に月額の家賃自体を下げてもらう方法。需要が多くなる時期を避けて契約する方法が交渉で優位に立てる場合が多くなります。また、数千円程度であれば、家主さんに丁寧にお願いをすることも意外と有効です。

環境に合わせて引越しできるのが賃貸のメリット

人間が生きていくうえで必要なものを表す言葉に、衣食住があります。その内のひとつである「住む」ということの形態として、賃貸があります。

家を借りることのメリットは、ひとつのところに縛られず、状況に応じて、いつでもどこへでも引っ越すことができるという点です。賃貸ならば転勤を始めとして、ご近所トラブルやいじめなどの解決手段として、引越しという選択を取れます。

もちろん引っ越し費用や敷金礼金など金銭的な問題はありますが、家族の安全のために生活環境を変えたいというとき、持ち家よりも比較的気軽に選択することができます。

賃貸の物件と駐車場について

賃貸は、契約等に基づき住宅や駐車場等を一定期間保有します。住宅を借りる場合には敷金、礼金を支払う物件があります。

また期間を更新する場合には、更新料等がかかる場合があります。更新をしない場合にも物件の中の損傷具合で原状回復費用に敷金があてられる場合があります。

駐車場を借りる場合には敷金、礼金を支払うことが少ないですが更新料は支払う場合が多いです。一般的に東京都内は賃料や駐車料が高く地方に比べると3倍から5倍またはそれ以上の場合もあります。地方に比べると賃貸を維持していくのはより多くの経済力が無いと厳しいです。

賃貸物件について

当サイトへのお問い合わせはこちらから。賃貸マンションや不動産売買の詳細、物件情報については大阪の賃貸を扱う不動産会社のサイトをご覧ください。

ページのトップへ戻る