賃貸マエストロ 賃貸マイスターのちょっとしたアドバイス

賃貸の違約金

賃貸住宅を選ぶときは、駅からの距離や広さ、窓の向きなど様々な条件を基準にしますが、同じ条件の物件は二つとありません。

そのため、気に入った物件は迷っている間にほかの人が決めてしまう場合もあります。

そうならないように他にも見たい物件が残っている、又は、まだ見始めたばかりでもう1日迷いたいなどの場合、予約をすることができるか相談してみましょう。

物件を抑える時、冷やかしではないことを証明するために1万円でいいから申込金を預けてくださいという場合や、仮の契約書にサインをしてくださいなどという場合があります。

賃貸で物件をおさえるということは、他の人に貸す機会を放棄することになります。無事に賃貸契約を結ぶ場合は大丈夫ですが、他の部屋にすることにした場合、家主が機会を失ったことによる損失が生じます。

申し込みや予約など物件を抑える場合、いつまでに回答すれば違約金が生じないか事前に確認をしましょう。

自己所有の家と賃貸の違いとそれぞれのメリット

実家は田舎にあるけれど、仕事などで上京するために都内でマンションを借りるといった人は少なくありません。

自己所有の家は、家を守るために、修繕や改修などに費用がかかりますが、賃貸に変えることによって、そのようなコストがかからず、また容易にいろいろと移り住むことができるので、人生を前向きに楽しむ事ができます。

賃貸は、気兼ねなく使ったり、手放すことによって、新たなものを見つける、これからの時代の生き方です。最近の物件は、内装が新しく、また設備の充実に圧倒されます。よりよい暮らしを求めるなら、部屋を借りて暮らすと良いのです。

賃貸マンションで快適な生活を送ろう

一昔前、家を買って1人前だと言われる時代がありました。その時代とだいぶ生活様式が変わり、現代では賃貸マンション生活を選ぶ人も増えています。その理由として、一番は身軽ということが挙げられると思います。

部屋の設備が壊れたら、管理会社か大家へ連絡すれば直してもらえるし、自分の職場が変われば、新しい職場の近くへ引っ越すこともできます。

それだけでなく、駅近くに住むことも難しくはありません。もちろん、その分の家賃は高くなってしまいますが、駅からの距離や周辺の施設はとても、重要です。自分の好きなところに住めるというのが、賃貸マンションの一番の利点だと思います。

賃貸住宅の3パターン

賃貸は、賃料をとって相手方にものを貸すことをいいます。具体的には、住宅などアパートやマンションといった不動産投資の対象となる物件に対して、契約に基づいて家賃をとり、部屋を必要とする相手に貸すことに使われる語句です。

賃貸住宅には大きく分けて3種類あります。1つ目は新築時から貸し出すことを目的に建てられるものです。2つ目は、住宅を購入した後に何らかの事情により手放した物件を購入者が家賃収入を得るために入居希望者へ貸し出すものです。3つ目は、購入後に何らかの事情により直接入居できなくなってしまったため、不動産業者を通じて一定期間を設け入居希望者へ貸し出すものです。

大阪梅田で賃貸マンションを借りるなら
ホームメイト梅田HEP前店
〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町6-11

有限会社住地不動産 http://www.ju-chi.jp/
JR大阪駅や大阪市営地下鉄御堂筋線梅田駅、阪急電鉄梅田駅からほど近くの不動産会社。賃貸不動産仲介業やテナント仲介の他に、賃貸管理業、リフォーム事業、火災保険代理業を行っています。ファミリー向け物件、ペット可の物件、店舗・事務所・SOHO可物件など。

賃貸物件について

当サイトへのお問い合わせはこちらから。賃貸マンションや不動産売買の詳細、物件情報については大阪の賃貸を扱う不動産会社のサイトをご覧ください。

ページのトップへ戻る